2018年 富山の金星観察早見表を更新しました

平成30年版「富山の金星観察早見表」が完成しました。

 

主に中学校での使用を考えて作成しています。

理科室や生徒玄関など

生徒の目に付きやすい場所に掲示することで

金星の見え方や天文現象に興味をもち

実際に星空を眺める経験を元に単元の学習に入ることができます。

ぜひ、ご活用ください。

 

【ポイント】

(1)太陽と金星の出・没のみに限定

→太陽と金星がどちらが先に出没するか
分かりやすい。(太陽との位置関係も)
(2)0~24時の、ごく普通の時刻配列
→見えるのは明け方か夕方か分かりやすい。
(3)1月から翌年3月までのデータを掲載

→単元の学習後も、継続的な観察ができます。

 

 

富山の金星早見表」←クリックするとページへにジャンプします。