生物

「骨と筋肉の動き、関節の働き」をアップしました!

上腕の筋肉(上腕二頭筋と上腕三頭筋)の存在と骨との付着部分、肘関節の構造を理解するとともに、筋肉の伸縮により腕の曲げ伸ばしが行われていることを理解するための教材です。

 

WS003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨と筋肉の動き、関節の働き」←クリックするとページにジャンプします。

動いている様子の動画はこちら→「骨と筋肉の動き、関節の働き

※富山県内の学校からのみ閲覧可

タカの渡る季節

夏の間、身近にたくさんいたツバメたちも、

秋になると冬を越すために暖かい地方に渡っていきます。

同じように、タカの仲間も渡るのをご存じでしょうか?

9月に入ると、サシバやハチクマといったタカの仲間は、

集団となって渡っていくのです。

タカの群れ_R

サシバ1_Rハチクマ1_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その飛び方も特徴があって

上昇気流をうまく使ってグルグルと渦をまくように空高く舞い上がり、

その後、グライダーのように滑空していきます。

つまり、あまりはばたかなくてもいいように、

風をうまく使って「省エネ飛行」を繰り返しながら、南の方に渡っていくのです。

上昇気流が発生しやすい、よく晴れた日には空を見上げてみてはいかが。

 

チューリップ~種と球根~

富山の県の花にもなっているチューリップ。

春になると、たくさんの学校の花壇で咲いていますよね。

チューリップを植えるときは、種ではなく球根で植えますよね。

tulip

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咲き終わったチューリップは

球根を取るために、花を切ってしまいますよね。

花をそのままにしておいたら

そのあと、どうなるのでしょう?

tulip (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めしべの根元(子房:しぼう)がふくらんできたものがあります。

下の写真には、ふくらんだ子房とふくらまなかった子房が写っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだんと子房が乾燥して割れてきました。

中には種子らしきものが見えています。

チューリップにもちゃんと種子ができるんですね。

種ができたら、土を掘り起こして、球根がどうなっているか紹介します。

 

 

1枚ずつ開く~続・ドクダミ~

先日紹介したドクダミですが、

まだ開いていないものを見つけたら

白い十字の花(総苞:そうほう)がどんな風に開いていくのかを

続けて観察してみてください。

写真 2

写真 3

写真 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の花はどんな風に開いていくのか、

比べてみるのもおもしろいですね。