地学

平成29年度版「とやま天文カレンダー」をアップしました!

小学校向けに、毎月の月のようすや

星の見どころをカレンダーにしたものです。

 

過去10年間の天気から求めたおおよその晴天率も載っているため、

星の観察会や月や星座の観察を宿題にするときの

期限を決めるときにも使える便利なカレンダーです。

また、月ごとの金星の位置も載っていますので、

中学校での金星の観察についても参考にできます。

 

ダウンロードのページはこちら→ダウンロード

 

2017年 富山の金星観察早見表を更新しました

平成29年版「富山の金星観察早見表」が完成しました。

 

主に中学校での使用を考えて作成しています。

理科室や生徒玄関など

生徒の目に付きやすい場所に掲示することで

金星の見え方や天文現象に興味をもち

実際に星空を眺める経験を元に単元の学習に入ることができます。

ぜひ、ご活用ください。

 

【ポイント】

(1)太陽と金星の出・没のみに限定

→太陽と金星がどちらが先に出没するか
分かりやすい。(太陽との位置関係も)
(2)0~24時の、ごく普通の時刻配列
→見えるのは明け方か夕方か分かりやすい。
(3)1月から翌年3月までのデータを掲載

→単元の学習後も、継続的な観察ができます。

 

 

富山の金星早見表」←クリックするとページへにジャンプします。

 

 

バーチャル火山噴火2015をアップしました。

 春にアップしたバーチャル火山噴火を、より手軽に行えるように、手順や材料を工夫しました。身近な材料をそろえて、是非、自分で「バーチャル火山噴火」を体験してみてください。

 

virtual_kazan2015

 

 

バーチャル火山噴火」←クリックするとページにジャンプします。

「堆積岩を作ろう!」をアップしました。

長い年月を経て固まってできた堆積岩。

ルーペを使った観察などから、堆積岩の特徴を確かめる学習に加え、

自分の手で堆積岩を作る作業を通して、

「水中で積もった堆積物が、長い時間をかけて、大きな力を受けて固い岩石になる」

ことについて、理解を深めるための教材です。

 

堆積岩を作ろう!」←クリックするとページにジャンプします。